ドンキホーテ バイト 評判

ドンキホーテのバイトの評判。どんな声があがってる?

スポンサードリンク

黄色いレジ袋でおなじみの「ドンキホーテ」は日本生まれの総合ディスカウントストアの代表として、海外メディアでも度々取り上げられています。

 

そんなインターナショナルなショップへと変化しつつあるドンキホーテのバイトについて、待遇面や福利厚生などバイト経験者から広がる評判が気になりませんか?

 

実はドンキホーテのバイトは、地域平均よりも高待遇な店舗が多いという事実はあまり知られていません。

 

ドンキホーテのバイト時給のスタート金額が、地域平均よりも高めという「待遇の良さ」が評判を呼んでいます。

 

また、働きぶりや自分がバイトする店舗への貢献度など査定評価が良ければ、翌月から時給アップということも珍しくありません。

 

バイト経験者などからの評判が口コミなどで広がり、「ドンキのバイトは好待遇」という評判が巷に定着しつつあります。(2016年12月28日更新)

 

スポンサードリンク

 

ドンキホーテのバイトには「きつい」という言葉が当てはまらない

一般的に接客業と呼ばれる部類のバイトは、髪型や服装などに細かい規定が設けられています。

 

このため、バイトの規定に則っていたけど、精神的にきつい状態になり短期間で辞めてしまうという人もいるのが事実です。

 

ドンキホーテのバイトは「バイトの意欲がある人は是非来てほしい」というスタンスで求人をだしています。

 

接客業の部類としては珍しいかもしれませんが、働くことを「きつい」と感じさせない「間口の広さ」も、ドンキホーテでバイトすることの魅力といえます

 

また、ドンキホーテでは幅広い年代の方が働いており、世代間交流が多いのも特徴です。

 

幅広い年代の方がいると、バイトすることがきついと感じたときに愚痴をこぼしても、その愚痴を聞き入れてくれたりと「プラス」のメリットが多くなります。

 

流行語ではないですが「ありのままの自分」で働けることが、ドンキホーテの最大の魅力ではないでしょうか。

 

スポンサードリンク