ドンキホーテ バイト 服装

ドンキホーテのバイト時の服装は何を着る?

スポンサードリンク

総合ディスカウントショップとしておなじみのドンキホーテですが、バイト時の服装は店舗によって若干スタイルが異なります。

 

東京23区内にあるドンキホーテのお店は、外国人観光客の観光スポットとなっていることを重視し、日本を感じさせる衣装として「黄色いハッピ」を着用してバイトに従事することがあります。

 

なお、ハッピの中の服装については「白いシャツと黒スラックス」が基本となっております。

 

靴については「動きやすい靴」ということで、ローファーなどの革靴や黒のスニーカーを着用することが多いです。

 

一方、郊外型のドンキホーテのお店は、お店のシンボルカラーである「黄色と黒」を基調としたシャツやエプロンをバイトに貸与することが多いのが特徴です。

 

服装については「白シャツに黒スラックス」が基本ですが、黒無地のジーパンの着用を認めているお店もあります。

 

働く時のTPOが、従業員皆でわきまえていると、お店の雰囲気がぐっと明るくなる効果もあるので、一人だけ個性を主張しようとはせずに「場の雰囲気」に馴染む服装を心がけるといいみたいです。

 

スポンサードリンク

 

ドンキホーテではバイト時にネイルをしても問題ない?

安さの殿堂と呼ばれるドンキホーテでは、若い女性の心をくすぐるような「つけまつげ」や「マニキュア」といったコスメ商品も多数取り扱っています。

 

また、ドンキホーテ独占販売のネイル関連の商品も多いので、これらの商品の売り場構成は女性社員やバイトが手掛けることが多いようです。

 

店舗にもよりますが、ドンキホーテの女性のバイトさんや社員さんの勤務中のネイルは認められていないところが多いようです。

 

きれいなネイルをするためには、「爪を伸ばす」という行為が必要不可欠です。

 

しかし長い爪ではレジ操作や商品陳列の時に不便ですし、ネイルがはがれたままだと身だしなみにも欠けてしまいます。

 

ネイルを楽しみたいのであれば、バイトのオフの日にドンキホーテのお店で社割で安く購入した商品を使って楽しむ方が「オンオフ」の区切りにもなるような気がします。

 

スポンサードリンク