ドンキホーテ バイト 落ちた

ドンキホーテのバイトに落ちた場合に行ってほしいこと

スポンサードリンク

ドンキホーテのバイトに合格し、希望部署で働ける前途洋々の人がいる一方、バイトの面接に落ちる人がいることも事実です。

 

「どうしてドンキホーテのバイトに落ちたのか?」と自問自答しても、立ち直れないうちは原因を考察する余裕は出てこないと思います。

 

バイト不採用の大半の理由が「勤務条件の不一致」です。

 

ドンキホーテのバイト応募者は、事前に配属希望や勤務可能時間などのアンケートに回答します。

 

自分が希望する部署を限定してしまうと、人気のある部署なら「即戦力」のある経験者の方が優先的に採用されます。

 

このため、未経験者や経験の浅い人は別の部署に行くか、「希望に応じかねる」とうことで「バイトに落ちた」という結果になります。

 

バイトに落ちた場合は、もう一度自分のアンケートの回答を見直し、「どこの部署でも配属可能」と門戸を広げれば、憧れのドンキホーテで働ける日はそう遠くありません。

 

スポンサードリンク

 

ドンキホーテのバイトに主婦層は多いの?

ディスカウントショップのドンキホーテは、若者から中高年まで幅広い世代の方がバイトで働いていることでも知られています。

 

もちろん、小さなお子さんがいる主婦の方々も、日中の時間帯を中心にバイトに従事しています。

 

子育て中の方がバイトやパートなどで働く場合、最も気になるのが「子供の具合が悪くなった時に休んでも大丈夫なのか」とか、「学校行事と重なるけれど休めるかどうか不安」といった、お子さんに関わる事情があります。

 

ドンキホーテの場合、面接時に主婦の方には「婚姻歴」や「子供の有無」なども質問されることがあります。

 

雇用するドンキホーテ側にとっても、お子さんの体調不良などによる欠勤は「やむ得ない事情」なのです。

 

そのため、主婦を採用する場合は欠員補充が可能な勤務シフトを考慮してくれることが多いようです

 

ドンキホーテのように「主婦の不安を解消してくれる企業」というのは、日本でも数少ないのが実情です。

 

女性が働きやすい環境を心がける企業や店舗が増えれば、日本経済が活発になるのではないでしょうか。(2017年1月13日更新)

 

スポンサードリンク