ドンキホーテ バイト 初日

ドンキホーテのバイト初日はどんな感じ?

スポンサードリンク

ドンキホーテのバイトの初日の様子について簡単にご説明します。

 

ドンキホーテのバイト初日は、「社員や先輩バイトへの紹介」や「研修」で終了することが多いようです。

 

初日からいきなりレジに立たされるとか、売り場の商品陳列を任されたというようなブラックなことは決してありませんので、どうぞ安心してください。

 

まず、自分場バイトするドンキホーテの店長から紹介をされます。

 

明るい印象で「不慣れなので皆さんにご迷惑をおかけするかももしれませんが頑張ります」という、第一印象の好感度がアップする挨拶をして、社員や先輩バイトさんとの良好な人間関係の構築への第一歩を築きましょう。

 

挨拶により、良好な人間関係が構築できますし、働いているうちに遭遇するトラブルやアクシデントに協力してもらえる可能性が大いに広がります。

 

挨拶が終了したら、店長さんと一緒に店内を回って売り場の確認やレジ操作の基本操作を教えてもらいます。

 

初日の大まかな流れは以上ですが、挨拶からレジ操作の研修まで行うと数時間は要し、バイト時間ぎりぎりまでかかります。

 

スポンサードリンク

 

ドンキホーテの深夜バイトは大変?

ドンキホーテの深夜帯のバイトについては「楽だった」という意見と、「大変だった」という相反する意見があります。

 

深夜帯は来店者数もグッと少なくなるので、商品陳列の頻度やレジ作業の回転数が抑えられるので気持ちに余裕が出て働きやすくなるという意見もあります。

 

また、その一方で深夜帯の来店者の中には威圧的な態度をとる人が来るので、その応対に苦慮したという意見も聞こえてきます。

 

ドンキホーテのみならず、深夜営業を行っている店舗でのバイトは時給が格段にアップする反面、防犯上のリスク管理をキチンと理解したうえで勤務に臨むことが求められます。

 

ドンキホーテでは、この時間帯にバイトする人に対し防犯意識を高めるための社内研修の実施しており、防犯管理を高めることに尽力しています。

 

スポンサードリンク