ドンキホーテ バイト 辞める

ドンキホーテのバイトを辞めるときはどうする?

スポンサードリンク

「大学を卒業し地元に帰る」とか「結婚や夫の転勤で他の場所に引っ越す」など、やむ得ない事情でドンキホーテのバイトを辞める場合は、どのような手続きが必要になるのでしょうか。

 

ドンキホーテは、人件費を極力控えることで、商品価格の安さに反映し消費者に還元するというスタンスを保っています。

 

このため、1店舗当たりの就業者数は、店舗運営が滞りなく行える下限人数としていることが多いのです。

 

バイトを辞める予定の人がいる場合は、欠員補充や他の部者の人を異動するといった対策を講じることが必要となります。

 

よって、突然いなくなってしまうとなるとお世話になったドンキホーテのお店に迷惑がかかるので、それだけは絶対にやめましょう。

 

遅くとも退店予定日の1か月前には責任者の方に退店の意思を伝え、自分の受け持っていた仕事の引継ぎや退店に必要な手続きをとるようにしましょう。

 

スポンサードリンク

 

ドンキホーテのバイトって実際は楽なの?

「ドンキホーテのバイトは楽だ」というウワサを良く耳にしますが、実際のところはどうなのか非常に気になります。

 

ドンキホーテのバイトはその地域の時給水準よりも高めでスタートできる、福利厚生が充実しているといった、バイトを楽と感じるためのメリットが沢山あります。

 

しかし、どのような職種でも通じることですが、「働く」という行為には「楽」と感じる正の側面もあれば、「つらい」とか「きつい」といった負の側面も合わせ持っています。

 

いわば、「二律背反」の行為とも言えます。

 

ドンキホーテのバイトは、来店者数がピークを迎える時間帯は他の接客業と比べて忙殺の度合いが高い職場かもしれません。

 

しかし、仕事を覚えて効率よく業務を遂行することで社内査定の評価がアップし、時給へと即反映されること、一緒にバイトしている仲間からの信頼を得ることが出来るといったメリットを得られます。

 

このような自分に対する社会的評価が上がった時に、仕事が楽だと感じることができるのではないでしょうか。

 

スポンサードリンク