ドンキホーテ バイト 時給

ドンキホーテのバイト時給は、地域水準よりも高め

スポンサードリンク

バイトやパートを探すときの基準となるのが、福利厚生や時給といった「待遇面」です。

 

がんばってバイトしても手元に残る給料が安いとなると、働くモチベーションを維持するのも結構大変になります。

 

ドンキホーテのバイトは、「「頑張った分だけ時給に即反映」という報奨制度を奨めており、早い人だと入店半年で時給が300円以上アップしたという人もいます。

 

店長や上司から「働きぶりを評価している」と口頭で伝えられるのも嬉しいですが、ドンキホーテのように「手元に残る形」で働きぶりを評価されることのほうが、喜びも人一倍大きく感じられます。

 

また、ドンキホーテはスタート時の時給が、その地域の水準よりも50〜200円ほど高いことも、バイトしたいお店の人気の一因となっています。

 

月に一度の「給料日」が待ち遠しくなるような働き方ができるって、すごく幸せなことだと言えます。

 

スポンサードリンク

 

ドンキホーテのバイト研修にはどんなメリットがある?

ドンキホーテなどの客の来店ピークが絶え間ない総合ディスカウントストアでは、バイト初日に研修なしで実践に入るという印象をもたれがちです。

 

しかし、実際は違います。

 

ドンキホーテではバイトに対する売り場研修をキチンと実施してから、実践の業務に入ってもらうようにしています。

 

バイト初日は「オリエンテーション」として、売り場の位置やレジ操作などドンキホーテのバイトの基本内容を教えてもらいます。

 

数多くの商品を取り扱っているおり、お客様から「あの商品はどこにあるの?」と質問されてもキチンと対応することが求められます。

 

最初は正確な位置まで誘導できないかもしれませんが、だいたいの位置だけでも把握しておくだけでも構いません。

 

お客様が求めている商品の発見も早く、好印象を持ってくれるようになるからです。

 

また、レジ操作も覚えておくと、自分が手の空いた合間にレジ作業をお願いされてもスムーズに対応できるので、時給アップのプラス査定にもつながります。

 

初日だけの研修でも、後々から自分へのメリットに繋がるのです。

 

スポンサードリンク