ドンキホーテ バイト 大変

ドンキホーテのバイトで最も大変なポイントとは?

スポンサードリンク

皆さんご存知の「ドンキホーテ」は24時間営業のディスカウントストアなので、バイトを始めて業務に慣れるまでは、色々と大変なこともあります。

 

その最たるものが「商品陳列の配置順」だと言えます。

 

ドンキホーテのお店は入り口から出口まで一方通行になっており、膨大な数の取扱商品を限られたスペースで配列しています。

 

このため、ドンキの店内は「迷路」と表現されることがあるくらい、複雑化しているため、「どの商品がどこにあるか」というのを覚えるまでが大変かもしれません。

 

ドンキホーテでバイトを始めた頃にお客様に商品の場所を訊かれて、10分近く一緒に探し回って大変だったという経験が、バイト経験者のほとんどの方にあるようです。

 

その改善策として、自ら作成した「店内オリジナル地図」をバイト時に携帯しておき速やかに案内できるように心がけていたようです。

 

バイトの大変さは個人差がありますが、それぞれが工夫して改善策を講じることで、働きやすい環境を作り出していることには違いないようです。

 

スポンサードリンク

 

ドンキホーテのバイトスタッフの年齢層は?

ドンキホーテの来客層は、取扱商品のライナップが若者に人気の商品が多いことから10〜20代の若い世代の方が中心です。

 

しかし、お店でバイトしている人は年齢層が幅広く、10〜60代の方が同じ店で働いており、身分も学生やフリーター、主婦など多岐に渡ります。

 

ドンキホーテのバイト資格は「高校生以上」となっておりますが、年齢上限については特にもうけておりません。

 

つまり「ドンキホーテで長期バイト可能な人なら年齢を問わない」ということで、実際に50代以上の中高年の方も快活に働いております。

 

このため、自分の両親よりも年上の人がバイトの同僚ということも珍しくなく、様々な年齢層の方が働いていることで、ドンキホーテの中に「小さな社会」が出来ているのです。

 

高い年齢層の方が、孫と同世代の子と話をして、世の中の流行を知ることもあるようです。

 

また、逆に若い年齢層の方は「社会に出てからの心構え」などを教えてもらうことも多々あります。

 

こうした世代間交流が気軽にできるのもドンキホーテのバイトの魅力といえます。

 

スポンサードリンク